TOP › 防水工事

防水工事

防水工事は建物内部を雨水や泥水の浸入から防ぐ工事です。
防水工事の耐用年数は一般的に10年から15年とされており、経過年数とともに防水機能が低下すると、躯体の劣化を早めることにもなり、建物自体を守るうえで重要な工事です。
防水工事には、ウレタン塗膜防水・塩ビシート防水・アスファルト防水などがあり、お客様の建物に適した防水工事をご提案いたします。

ウレタン塗膜防水

最も主流な防水工事の工法です。液体状のウレタン樹脂を使用するので、新築・改修を問わず複雑な形状、建物にも適しており、重ね塗りが可能など、メリットが多いのが特徴で、密着工法や通気緩衝工法などがあります。

塩ビシート防水

優れた耐久性を持つため、メンテナンスが原則不要になり、維持管理費も節約することができ、総合的なコストパフォーマンスを考えれば非常にメリットの多い防水工法です。素材がシートなので、複雑な形状には向いていません。密着工法と機械的固定工法などがあります。

アスファルト防水

防水専用のアスファルトを加熱・溶融させ防水層となるルーフィングを貼り重ね、下地に積層することで耐久性を持った防水層を形成させます。水密性・耐久性とも高工法です。


神奈川県川崎市川崎区渡田3丁目14番14号
中嶋ビル101号室
TEL.044-201-7670
FAX.044-201-7671
© 株式会社ケイズ工業 inc. All Rights Reserved.